2008年度公立中学生塾代

2008年度公立中学生の塾代が過去最高に

文部科学省の「子どもの学習費調査」で
2008年度公立中学3年生を持つ家庭の学習塾や習い事等に支出した
1人当たりの「学校外活動費」は、過去最高の約40万円だったことがわかりました。

 

 

*子どもの学習費調査
1994年度から隔年で実施されていて
今回は、公私立の幼稚園と小中高校生の子供の保護者約2万8300人にアンケート。

 

 

 

学校外活動費

 

幼稚園:約8万3000円(前回比20%減)
小学校:21万円(同11%減)
中学:約30万5000円(同1%増)
高校:約15万9000円(同10%減)

 

 

 

中学生だけ増加しているわけですが、その支出増の最大の要因は
塾代がかさんでいるためです。
公立中学1〜3の塾代の平均は、18万7691円。

 

中学3年生をみると、約40万円の支出のうち約31万6000円が塾代と家庭教師代。

 

 

学習塾費用

 

公立小学:約5万3000円
私立小学:約20万7000円
公立中学:上記
私立中学:約13万円
公立高校:約7万6000円
私立高校:約8万4000円

 

 

 

上記の学校外活動費に、授業料や通学費などを合わせた教育費の総額

 

公立中:約48万円(同2%増)
公立高:約51万6000円(同1%減)

 

差は、縮まってきています。

 

 

 

 


2008年度公立中学生塾代過去最高

文部省が発表した2008年度公立中学生の塾の費用