子ども手当受給に市町村への申請が必要に

受給には市町村への申請が必要に

こども手当の改正・厳格化に伴い、子ども手当を受給するためは市町村窓口への申請が必要に!

 

子ども手当が2011年10月支給分から変わります。
子ども手当は、2・6・10月に4ヶ月分まとめて支給されているので
実際には、2012年2月の受け取り分からということになります。

 

支給額以外にも制度が変更になることがあります。
その一つが、子ども手当支給対象世帯の市町村窓口への申請です。

 

これまでの子ども手当支給制度では、新規の受給者に申請の必要があって
2009年度までに児童手当を受給されていた世帯は、申請が免除されていました。
それが、支給案件の厳格化に伴って、申請が必要になったのです。
申請をしないと支給されません。

市町村の窓口に申請

申請は2011年10月以降ということになっています。
申請用紙・書類・書面が、どういうものかは今の段階ではわかっていません。
各市町村で用意されるのだろうと思います。

 

記載するのは、保護者氏名・手当を受ける子供の名前と年齢、養育状態など。
それらを記入して、市町村の窓口に提出します。

 

経過措置としては、2012年3月までに受給の申請すれば、さかのぼって支給されるようです。
詳しいことは、所属する市町村に問い合わせてみてください。

 

 

注意すべきは、
受給には新規の方だけではなく、すべての受給対象者世帯ということ。
申請しないと支給されないということです。


子ども手当受給に市町村への申請が必要に

こども手当の改正・厳格化に伴い、子ども手当を受給するためは市町村窓口への申請が必要になりました。